新刊紹介

谷川浩司の将棋 矢倉編

 谷川浩司九段の矢倉将棋約440局にスポットをあて、第1部は「講座編私的矢倉観」と題して矢倉の変遷を、第2部は「自戦記」で珠玉の谷川矢倉、20局を解説。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4839966311″ title=”谷川浩司の将棋 矢倉篇”]

天衣無縫 佐藤康光勝局集

 佐藤康光九段が2017年に達成した公式戦通算1000勝の中から100局を厳選した実戦集で、対中原、谷川、羽生、森内戦等々、天衣無縫の名局が盤上に蘇る。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4839965811″ title=”天衣無縫 佐藤康光勝局集”]

リボーンの棋士(2)

 奨励会を26歳の年齢制限で退会しプロ棋士への道を閉ざされた安住浩一がプロも驚く新戦法で逆転への一歩を踏み出す。本格将棋ドラマで監修はアマ名人の鈴木肇さん。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07L92KCH9″ title=”リボーンの棋士(2) (ビッグコミックス)”]

将棋「初段になれるかな」会議

 初段ってどうやったらなれるの?悪手だらけの級位者の将棋をプロが解説。ライターの岡部敬史と漫画家のさくらはなの二人が高野秀行六段に対話形式で質問する。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4594081266″ title=”将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)”]