著書「奨励会~将棋プロ棋士への細い道~」読了

お薦めの著書紹介

 

 2016年10月、将棋界では藤井聡太さんが晴れて四段に昇段し、5人目の中学生棋士が誕生しました。
 その後の活躍は、周知のとおり、社会的にも注目を浴び、正に空前の将棋ブームが起こっています。

 本書は、奨励会在籍経験のある著者ならではの切口で、多角的に奨励会の実像に迫っています。
 そして、我々の素朴な疑問「如何なる方法でプロ棋士となるのか。」という問いに答えています。

 14歳の私は、内藤國雄八段と谷川浩司少年との席上対局を観て、棋士への淡い憧れを感じました。
 そして、18歳の私は、兵庫県高校将棋個人戦決勝と団体戦準決勝で敗退し、夢を絶ちきりました。

 著者の藤井聡太五段を見たときに感じる「口の奥の苦み」、切ない気持ちが如実に表れています。
 本書は、将棋に限らず、今後の進むべき道を考える上で、一つの道標となるのではないでしょうか。

 

<目次(抜粋)>

 第1章 棋士のコストパフォーマンス
 第2章 奨励会Ⅰ 奨励会という場所
 第3章 奨励会Ⅱ 奨励会サバイバルマニュアル
 第4章 プロ棋士になるための練習法
 第5章 研修会・女流棋士・才能論その他

 署 名:奨励会~将棋プロ棋士への細い道~
     2018年6月30日発行
 著 者:橋本長道
 発行所:株式会社マイナビ出版
 定 価:本体850円 + 税

 

 棋楽将棋情報館では、橋本長道さんを応援しています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”4839966915″ title=”奨励会 ~将棋プロ棋士への細い道~ (マイナビ新書)”]

 

橋本長道さん、著者紹介

 著者、橋本長道さんは、1999年に中学生将棋王将戦に優勝し、同年奨励会に6級で入会しました。
 奨励会では、1級まで昇級しましたが、2003年に退会となりました。

 奨励会退会後は、神戸大学(経済学部)を卒業、金融機関での勤務を経て、現在は小説家に転身されています。
 2011年、『サラの柔らかな香車』で、第24回小説すばる新人賞を受賞。
 2014年、続編となる『サラは銀の涙を探しに』を発表。
 2018年、『奨励会~将棋プロ棋士への細い道~』を発表。

 

 棋楽将棋情報館では、橋本長道さんを応援しています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”408745228X” title=”サラの柔らかな香車 (集英社文庫)”]

 

スポンサーリンク