0003:浦野 真彦八段 ①

 

○主 催:読売新聞社
○棋 戦:第30期竜王戦6組ランキング戦

○対局日:平成29年02月09日
○対局場:関西将棋会館
○持時間:各5時間

 先手▲:浦 野 真 彦 八段(52)
 後手△:藤 井 聡 太 四段(14)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:「藤井聡太全局集 平成28・29年度版
    日本将棋連盟発行」より、棋譜参照

 

浦野 真彦 八段 のこと

 

棋士番号:162
生年月日:1964年03月14日
出身地 :大阪府
クラス :竜王戦(6組)、順位戦フリークラス(宣言)

 

基本図:角換わり

 

 

 基本図は、角換わりの駒組みである。

 先手浦野の▲1六歩に注目していただきたい。実は、この端歩3手目に突いている。

 先手浦野の▲7六歩に、後手藤井が△8四歩、そこで、▲1六歩と突いたのである。

 後手藤井の居飛車穴熊を警戒したものか、その真意のほどは分からない。

 対して、後手藤井は、この端歩を受けていない。

 ここで、前局、豊川孝弘七段戦を思い出して欲しい。

 やはり、本局同様、角換わりの将棋で、後手豊川の△9四歩に、先手藤井は、端歩を受けていない。

 

第01図:次の一手は?

 

 

 第01図は、基本図から先手浦野が▲2七銀と棒銀戦法を目指した局面である。

 ここで後手藤井が指した次の一手をノーヒントで、お考えいただきたい。

 

第02図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 後手藤井が指した正解の一手は、△7四歩。

 

【雑感】

 本譜、後手△7四歩は、次に△7五歩の狙いがある。

 その昔、月刊誌「近代将棋」で、この△7五歩を見たことは、少なくとも間違いない。

 しかし、連載「金子教室」だったか・・・。

 対局者は、二上達也八段?、勝浦修八段?、棋戦はA級順位戦?。

 後手の陣型は、△5一玉、△6二銀型(ひょっとしたら、△7二銀型)だったか・・・。

 そして、後手△7五歩も本譜で指されたか、変化手順だったかすらも覚えていない。

 今の時代、棋譜のデータベースでもあれば、局面図検索で確認できると思うのだが、生憎とデータベースを持っていないため残念である。

 もう何十年も前のことで、全てがいい加減な話で、ボケ老人の単なる妄想と御容赦いただきたい。

 

 

第03図:明日の一手は?

 

 

 第03図は後手藤井の△7四歩(第02図参照)に、先手浦野が初志貫徹とばかりに、▲2六銀と棒銀を進めたところである。

 ここで後手藤井が指した次の一手をノーヒントで、お考えいただきたい。

 

            ☞ 次ペー