第49期新人王戦(出口若武三段のこと)

 いよいよ、今日から、藤井聡太七段と出口若武三段の第49期新人王戦決勝三番勝負が始まります。

 

【三番勝負の日程】

 第一局 10月10日(水)
 第二局 10月17日(水)
 第三局 10月29日(月)

 何れの対局も、朝10時から、関西将棋会館で行われます。
 対局の模様は、何れの対局も(多分?)インターネットで配信されますので、興味津津ですね。

 

【インターネット配信】

ニコニコ生放送

AbemaTV・中継

携帯中継 ※有料

 

 ここで、新人王戦について、お浚いしておきましょう。
 日本将棋連盟のHPの棋戦概要によりますと、つぎのとおりです。(以下、引用です。)

【参加定員・資格】

1.26歳以下(10月1日現在)
2.六段以下(タイトル戦経験者は除く)
3.成績選抜の女流枠(ただし、26歳以下)4名
4.赤旗名人戦優勝者(赤旗名人)
5.前期三段リーグ成績上位者(※定員40名から前述の1~4の合計人数を引いた人数が参加)

【持ち時間】

 本戦:3時間

 さて、ここで気になるのが、新人王戦の参加資格です。

 出口三段は、上記参加資格の5番に該当しますので問題ありませんが、藤井聡太七段が参加資格を満たすのか気になります。
 上記の参加資格2番には六段以下と定められているので、七段でも問題ないのかが、気になるのです。

 いえいえ、これは問題ないのです。と言いますのは・・・、
 トーナメント表が作成された昨年10月1日の時点で、藤井聡太さんはまだ四段だったので参加資格があるのです。

 そのため、来期、第50期新人王戦は参加資格がなくなりますので、新人王戦は今回が最期の参加となります。

 

 さてさて、藤井聡太七段は初対局から29連勝するなど、これまで大活躍でしたので今回ご紹介は省略させていただきます。

 

 出口若武三段については、私棋楽を含め知らない方が沢山いらっしゃるかと思いますので、ちょっと調べてみました。

 さて、まず、お名前なんですが出口若武(でぐちわかむ)とお読みするようです。

 出身地は兵庫県で、師匠は日本将棋連盟常務理事の井上慶太九段です。

 

 三段リーグの履歴を見ての第一印象は、やはり随分と苦労されているなと言う印象です。

 三段リーグ初には17歳で初参加ですから、ここまでは結構順調かなと思いますが、あと一歩のところで苦労されているようです。

 昇段のチャンス、これまで6回ありました。

 

 第1回目、第55期三段リーグでは、9勝4敗でチャンスはあったかと思いますが、そこから4連敗で脱落。

 第2回目、第56期三段リーグでは、最終12勝6敗の好成績でしたが、上位に逃げ切られたと言う印象です。
 何より不運だったのは、青嶋未来(五段が)最終16勝2敗の驚異的な成績でしたので、これは不運としか言いようがありません。

 第3回目、第57期三段リーグは、順位3位からのスタートで、8勝3敗と好調でしたが、後半失速で脱落。

 第4回目、第59期三段リーグは、第7戦目の藤井聡太三段に勝っていれば、最終13勝5敗の順位1位で昇段していました。
 逆に藤井聡太三段は、最終12勝6敗で大橋貴洸三段と同成績となり、順位の関係で頭ハネとなり昇段できなかったのです。

 第5回目、第60期三段リーグも残念な結果となりました。5勝2敗で迎えた第8戦目(3勝4敗の)杉本三段に敗れて以降4連敗で失速。
 この一番に勝っていれば、最終12勝6敗で昇段でした。一方の杉本三段はこの一勝が大きく、最終12勝6敗で昇段しました。

 第6回目、第63期三段リーグ、序盤3勝3敗から6連勝で昇段候補となりましたが、またも後半で失速、脱落。

 

 何とも歯がゆい成績です。

 

 三段リーグを突破するのに、佐藤天彦先生は8期かかりましたが、名人まで上り詰めました。

 また、木村一基先生は13期かかりましたが、A級八段(現在は九段)まで辿り着き、いまもB級1組で、A級復帰を狙っています。

 

 新人王戦の戦歴を見ましても、やはり一年ずつ着実に力を蓄えてきたようにも思えます。

 今回の(新人王戦)三番勝負では、是非、第59期三段リーグの悔しさをバネに、あと一歩飛躍して欲しいものです。

 

 藤井聡太七段だけではなく、出口若武三段にも、みなさん、是非たくさん応援してくださいね。

 最期になりましたが、(日本将棋連盟のHP等をもとに、)出口若武三段の資料を整理してみましたので、参考にしてくださいね。

 

棋士データベース

出口 若武 三段

年 齢 23歳(1995年04月28日生まれ)
出身地 兵庫県
師 匠 井上 慶太 九段

昇段履歴

平成19年(2007年)09月 6級(奨励会入会)
平成23年(2011年)11月 初段
平成24年(2012年)12月 二段
平成25年(2013年)03月 三段

三段リーグでの戦績

注)丸数字は、リーグ開始時点の順位。
注)勝敗は、リーグ戦の最終成績。
注)名前右の括弧内の数字は年齢。

第53回(2013年、前期)

⑤ 15勝 3敗 石井健太郎(20)
㉛ 14勝 4敗 三枚堂達也(19)

㉟  7勝11敗 出口 若武(17)

第54回(2013年、後期)

② 13勝 5敗 星野 良生(25)
⑨ 13勝 5敗 宮本 広志(27)

㉘  9勝 9敗 出口 若武(18)

第55回(2014年、前期)

⑤ 13勝 5敗 増田 康宏(16)
⑨ 13勝 5敗 黒沢 玲生(22)

㉑ 10勝 8敗 出口 若武(18)

第56回(2014年、後期)

⑤ 16勝 2敗 青嶋 未来(19)
⑧ 13勝 5敗 梶原 宏孝(19)

⑫ 12勝 6敗 出口 若武(19)

第57回(2015年、前期)

② 13勝 5敗 高野 智史(21)
④ 13勝 5敗 近藤 誠也(18)

③ 10勝 8敗 出口 若武(19)

第58回(2015年、後期)

⑰ 14勝 4敗 都成 竜馬(25)
⑧ 12勝 6敗 井出 隼平(24)

⑫  8勝10敗 出口 若武(20)

第59回(2016年、前期)

㉗ 13勝 5敗 藤井 聡太(13)
① 12勝 6敗 大橋 貴洸(23)

⑮ 12勝 6敗 出口 若武(20)

第60回(2016年、後期)

⑥ 15勝 3敗 西田 拓也(25)
③ 12勝 6敗 杉本 和陽(25)

④ 11勝 7敗 出口 若武(21)

第61回(2017年、前期)

⑨ 14勝 4敗 斎藤明日斗(18)
④ 12勝 6敗 古森 悠太(21)

③ 10勝 8敗 出口 若武(21)

第62回(2017年、後期)

④ 14勝 4敗 長谷部浩平(23)
⑥ 14勝 4敗 池永 天志(24)

⑨  9勝 9敗 出口 若武(22)

第63回(2018年、前期)

㉕ 15勝 3敗 本田  奎(20)
⑦ 13勝 5敗 山本 博志(21)

⑭ 11勝 7敗 出口 若武(22)

第64回(2018年、後期)

③  2勝 0敗 黒田 尭之(22)
④  2勝 0敗 井田 明宏(21) 

⑩  2勝 0敗 出口 若武(23)

 

新人王戦での戦績

第46期(2015年)

 1回戦 ● 池永 天志三段

第47期(2016年)

 1回戦 ○ 富田 誠也三段
 2回戦 ● 千田 翔太五段

第48期(2017年)

 1回戦 ○ 黒田 尭之三段
 2回戦 ● 斎藤慎太郎六段

第49期(2018年)

 1回戦 ○ 富田 誠也三段
 2回戦 ○ 澤田 真吾六段
 3回戦 ○ 井出 隼平四段
 4回戦 ○ 甲斐 日向三段
 準決勝 ○ 梶原 宏孝四段

(以下、決勝三番勝負

 決勝1   藤井 聡太七段
 決勝2   藤井 聡太七段
 決勝3   藤井 聡太七段

 

スポンサーリンク