0037:菅井 竜也七段 ⑤

菅井竜也七段、プロフィール

 日本将棋連盟のホームページから簡単に紹介します。

○棋士番号:278
○生年月日:平成04(1992)年04月17日
○出身地 :岡山県岡山市
○師 匠 :井上慶太九段
○クラス :竜王戦 4組
      順位戦 B級1組(11位)
○タイトル:なし
○昇段履歴:2004年09月 奨励会入会
      2010年04月 四段
      2011年08月 五段
      2015年03月 六段
      2015年11月 七段      

藤井聡太、B級1組所属棋士との初対局

 これまでの通算成績は、34勝2敗です。
 順位戦B級1組以上の棋士とは、本局が初対局となります。

 本局は、王将戦の一次予選です。
 手番は、振り駒で菅井竜也七段の先手番となりました。

第67期王将戦、一次予選

○主 催:スポーツニッポン新聞社
     毎日新聞社
○棋 戦:第67期王将戦
○備 考:一次予選

○対局日:平成29(2017)年08月04日
○対局場:大阪市福島区、関西将棋会館
○持時間:各3時間、あと一手1分以内

   ▲:菅井 竜也 七段 (25)
   △:藤井 聡太 四段 (15) 

注:括弧内は、対局日現在の年齢、順位戦所属クラス、順位を表記しています

中盤の攻防

 再掲第13図は、△7七角成(22)、▲同桂(89)と、進んだ局面です。

(再掲第13図から)
       ①△3八銀打
②▲4七歩  ③△4九銀成
④▲3八飛   △3五歩打 (第14図)

①これしか、ありません。
 先後、どちらが読み勝っているのでしょうか。
②先手、金を見捨てて、あっさりと、と金を払いました。
 アマチュアの方なら、ほとんど▲5九金左と、金に紐を付けると思います。
③ここもアマチュアの方なら、ほとんど△4九銀不成だと思います。
④飛打で、先手を取りますが、飛を受けに使って大丈夫なんでしょうか。

(第14図から)
①▲7三歩成 ②△4八金打
③▲同 飛  ③△同成銀 (第15図)

①アマ三段には、後手の玉が遠い様にも見えますが、大丈夫なんですね。
②何とか穴熊に食い付こうとします。
③先手は、あっさりと飛金交換をします。

(第15図から)
①▲6三と  ②△4九飛打
③▲8一飛成 ④△5一銀 (第16図)

①先手は、一旦▲3九歩と打ちたいような気がしますが、△4九飛で、受けになっていないということですね。
②もう後には引けません。攻め合いです。
③理解不能ですが、恐らく後手玉が詰めろと言うことでしょう
④そこで、後手は△5一銀と引いて、詰めろを消します。

 アマチュア同士の対戦なら、後手が勝ちそうですが、形勢はどうなんでしょうか。

 第16図、ここで、先手菅井七段が、指した次の一手は何か。
 正解は、明日の第6譜で・・・。

 

 

前の記事

0037:菅井 竜也七段 ④