0002:豊川 孝弘七段 ①

 

○主 催:株式会社共同通信社
○棋 戦:第43期棋王戦
○備 考:予選

○対局日:平成29(2017)年01月26日
○対局場:大阪市福島区 関西将棋会館
○持時間:各4時間

 先手▲:藤 井 聡 太 四段(14)
 後手△:豊 川 孝 弘 七段(49)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:「藤井聡太全局集 平成28・29年度版
    日本将棋連盟発行」より、棋譜参照

 

豊川 孝弘 七段 のこと

 

○棋士番号:200
○生年月日:昭和42(1967)年02月20日
○出身地 :東京都杉並区
○クラス :竜王戦(6組)、順位戦(C級1組)

 

基本図:角交換その他

 

 

 基本図は、角換わりの将棋。以後、腰掛け銀や棒銀等の展開が考えられる。

 

 ここで、ちょっとしたエピソード。

 

 昔、「腰掛け銀」と言う言葉が、一流企業の入社試験にでたことがあるそうだ。

 それは、角換わり腰掛け銀戦法が大流行し、将棋ファンのみならず、その垣根を越えて、社会的にも大きな反響があったことの一つの証明かもしれない。

 時代的には、還暦を超えた棋楽が、まだ生まれる前から、将棋を覚えるまでだから、およそ昭和30年代に流行したのだろう。

 後に、テレビ対局や将棋雑誌などで、「木村定跡」や「駅馬車定跡」、そして「がっちゃん銀」などが解説されていたことが、懐かしく思い起こされる。

 

 戦型や手順などは、今となっては全く覚えていないが、先後激しい打撃戦の将棋になるか、先後千日手模様の将棋となる印象が残っている。

 角換わりの将棋で、覚えた定跡手順を真似して、先攻・猛攻しても、どうも旨く攻めきれない。そして、結局は最終盤で引っ繰り返される。

 かと言って、先攻・猛攻を見送ったり、躊躇すれば、千日手模様となる。だから、将棋大会で、角換わりの将棋は指しにくいのである。

 一部強豪を除く多くのアマチュアの方々にとっては、ある意味、なんともやっかいな戦法でなのである。 

 

第01図:次の一手は?

 

 

 第01図は、先手藤井の▲4六歩、後手豊川の△9四歩に、先手藤井が端歩を受けずに、▲3六歩と指した局面である。

 ここで、後手豊川が指した次の一手を、次の候補手から、お考えいただきたい。(3択)

①△3三銀
②△8三銀
③△9五歩

 

第02図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 後手豊川が指した正解の一手は、△9五歩。

 

【雑感】

①△3三銀

 第01の局面、後手は、どのような駒組みを目指すのか。△4二銀型であるため、

 第一に、△6四歩から、△6三銀、△5四銀と「腰掛け銀」が目指すことが考えられる。

 第二に、△7四歩から、△7三銀、△6四銀と「早繰り銀」を目指すことが考えられる。

 しかし、後手4二銀型であるため、何れの場合も、常に▲5五角の筋が気になる局面だ。

 後手△3三銀は、自陣の整備を急ぎ、▲5五角の筋を消す考え方だ。

 

②△8三銀

 △8三銀は、先手の「腰掛け銀」に対して、後手「棒銀」で対抗しようとするものである。

 仮に、第01図、後手豊川の△9四歩に、先手藤井が▲9六歩と受けていれば、後手△8三銀も考えられたかもしれない。

 

③△9五歩

 後手豊川が指した正解の一手は、△9五歩である。

 もちろん棋楽には、その手の意味を到底理解することはできないが、棋楽なら以下のとおり考える。※

 ※ 豊川の真意を確認したものではなく、あくまでも棋楽の考え方であることを、お断りしておく。

 

 後手△9四歩の局面で、通常アマチュアの将棋なら、何も考えずに▲9六と受けるか、精々▲1六歩、△1四歩に、▲9六歩と受ける、といったところだろう。

 後手△9四歩は、「棒銀戦法」を含みとして、所謂、先手の様子を見た手と思われる。

 ところが、先手藤井は、端歩の一手の価値を秤にかけ、▲3六歩から▲3七桂の活用を急いだ。

 つまり、先手藤井は、あくまでも先攻することを考え、千日手など、全く想定していないのだ。

 

 一方、後手としては局面が千日手模様となれば、端歩の突き越しは後手の大きなアドバンテージとなることは言うまでもない。

 後手豊川と先手藤井の年齢差は35歳の差がある。所謂、大人と子供の年齢差である。しかも先手の藤井は中学生棋士なのだ。

 後手△9四歩に、端歩を受けなかった先手藤井に、「一丁プロの厳しさを教えてやろう。」と思ったとしても不思議ではない。

 こう言った機微は、コンピュータ将棋にはなく、人が指す将棋だからこそ存在する。だからこそ、プロ・アマを問わず、多くの者が将棋に魅了されるのだ。

 

第03図:明日の一手は?

 

 

 第03図は、第02図から、▲3七桂、△3三銀、▲2五歩、△4二玉、▲6八玉、△6四歩と進んだ局面である。

 さて、ここで先手藤井が指した次の一手を、ノーヒントでお考えいただきたい。

 

             ☞次のページ

次の記事

0002:豊川 孝弘七段 ②