#000:久保 利明 ①

○主 催:囲碁将棋チャンネル「将棋プレミアム」
○棋 戦:将棋プレミアムフェスin名古屋

○対局日:平成29年12月10日
○対局場:名古屋コンベンションホール3F
○持時間:各5時間

 先手▲:久 保 利 明 王将(42)
 後手△:藤 井 聡 太 四段(15)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:囲碁将棋チャンネルより、棋譜参照

 

久保 利明 王将 のこと

 

棋士番号:207
生年月日:1975年08月27日
出身地 :兵庫県加古川市
クラス :竜王戦(1組)、順位戦(A級)

 

基本図:対抗型先手中飛車

 

 

 基本図は、先手久保の中飛車に対して、後手藤井が居飛車、所謂対抗型と言われる戦型である。

 いま後手藤井が、船囲いの陣形から△4二金と寄った局面で、「箱入り娘」と呼ばれる陣形である。

 

 名前の由来は記憶にないが、多分、加藤治郎名誉九段の命名であったかと思う。

 この「箱入り娘」は、確か中原誠16世名人が、名人戦の舞台でも指している。

 

 果たして、新進気鋭の藤井聡太四段が、タイトルホルダーである久保利明王将に、どの様に立ち向かうのか、興味津々である。 

 

第01図:次の一手は?

 

 

 第01図は、基本図から▲5七銀、△5三銀、▲4六銀と進んだ局面である。

 ここで後手藤井が指した次の一手をノーヒントで、お考えいただきたい。

 

第02図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 後手藤井が指した正解の一手は、△8六歩。

 

【雑感】

 先手久保の▲4六銀は、そもそも、▲5五歩、△同歩、▲同銀で、中央の制圧を目指している。

 また、場合によっては、▲4五銀から▲3四銀と後手陣の玉頭を狙う手もある。

 

 そのため、後手は、先手の狙いを消すため、通常であれば、△4四銀と上がりたいところである。

 ところが、後手藤井の指した△8六歩は、手の善悪は兎も角としても、何とも大胆な一手である。

 

 確かに、後手飛先の△8六歩の突き捨ては、部分的に見れば、手筋である。

 ▲同歩と取らせ、更に△7五歩の突き捨てや、△6四銀も見える。

 

 確かに、そう言った手順は、先手の銀が、▲4六銀ではなく、例えば▲5七銀とか、▲6八銀の位置なら、アマチュアの方でも思い浮かぶかもしれない。

 しかし、実際は、先手▲4六銀の後手陣に対するプレッシャーが半端なものではないため、どう見ても、△8六歩からの仕掛けは思いつかないのである。

 

第03図:明日の一手は?

 

 

 第03図は先手久保が▲7七桂を▲8五桂と跳ねて、桂を逃げながら、後手藤井の△8六飛の進出を防いだところである。

 駒割りは、先手の角1枚に対して、後手銀香の所謂二枚替えである。

 更に後手陣は、玉に近い方の香を取られている。

 セオリーから見れば、形勢判断を問われれば、先手有利と言わざるを得ないだろう。

 さて、ここで後手藤井が指した次の一手をノーヒントで、お考えいただきたい。

 

             ☞次のページ