#000:久保 利明 ③

 

○主 催:囲碁将棋チャンネル「将棋プレミアム」
○棋 戦:将棋プレミアムフェスin名古屋

○対局日:平成29年12月10日
○対局場:名古屋コンベンションホール3F
○持時間:各5時間

 先手▲:久 保 利 明 王将(42)
 後手△:藤 井 聡 太 四段(15)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:囲碁将棋チャンネルより、棋譜参照

 

久保 利明 王将 のこと

 

棋士番号:207
生年月日:1975年08月27日
出身地 :兵庫県加古川市
クラス :竜王戦(1組)、順位戦(A級)

 

第08図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 昨日掲載の第07図で、  

 後手藤井が指した正解の一手は、△3九銀。

 

【雑感】

 昨日掲載の第07図は、馬取り及び詰めろがかかっています。

 詰めろを消しながら、馬を逃げる手は、△4二馬しかありませんが、▲2二銀、△3二玉、▲4二桂成、以下、後手は簡単に寄せられてしまいます。

 

 ここで、後手藤井に起死回生の一手がありました。正解の一手、△3九銀です。

 本譜は、先手久保が、▲同玉と取りましたので、後手藤井は、△7五角の王手香取りから、結果、馬取り、詰めろを消すことができました。

 

 しかし、正解の一手、△3九銀に対して、仮に先手久保が▲同金と応じていたら、どうだったのでしょうか。

 後手藤井の立場からすれば、依然として、馬取り及び詰めろがかかっている状態なので、△3九同竜、▲同玉の手順は必然です。

 

 そこで、本譜と同様に、△7五角の王手香取りから、馬取り、詰めろを消す手順が考えられます。

 また、ひょっとしたら、後手藤井は豊富な持駒を頼りに、先手玉を詰ましに行くかもしれません。

 

(ここから先は、読みの裏付けのない棋楽の勝手な推測になります。)

 

 多分、第08図で、▲3九同金と取れば、先手久保玉は詰んでいた。若しくは詰まないまでも相当に危ない状態だったのではないかと思います。

 そのため、先手久保は、瞬時に危険を察知し、(▲3九同金ではなく、)▲3九同玉と取ったのだと思います。

 

 果たして、詰むや、詰まざるや。

 

 ▲3九同金、△同竜、▲同玉、△4八金、▲同玉、△5八金、▲同玉・・・。

 熱心な読者は、是非一度、盤に駒を並べて研究されてみてはどうでしょうか。

 

第09図:次の一手は?

 

 

 第09図は、第08図から、▲3九同玉、△7五角、▲2八玉、△5三角と進んだ局面である。

 後手藤井が、△5三角で、馬取り及び詰めろを消した局面。

 ここで先手久保が指した次の一手を、お考えいただきたい。

 

第10図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 第09図で、

 先手久保が指した正解の一手は、▲6四銀。

 

【雑感】

 先手久保が指した正解の一手、▲6四銀の意味は・・・。

 

 攻めとしては、次に▲5三銀成とすれば、後手玉に詰めろがかかる。つまり、一手スキの状態である。

 また、受けとしては、再度の△7五角や、▲8四馬を消している。

 

 つまり、先手久保が指した正解の一手、6四銀は、攻防兼備の一手なのだ。

 

第11図:明日の一手は?

 

 

 第11図は、先手久保が▲6三金と、持駒の金を打っただところである。

 次に、▲5二金と、金を取れば詰めろで一手スキになる。

 ここで、後手藤井が指した次の一手を、お考えいただきたい。

 

    前ページ ☜  ☞ 次ページ