#000:久保 利明 ④

 

○主 催:囲碁将棋チャンネル「将棋プレミアム」
○棋 戦:将棋プレミアムフェスin名古屋

○対局日:平成29年12月10日
○対局場:名古屋コンベンションホール3F
○持時間:各5時間

 先手▲:久 保 利 明 王将(42)
 後手△:藤 井 聡 太 四段(15)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:囲碁将棋チャンネルより、棋譜参照

 

久保 利明 王将 のこと

 

棋士番号:207
生年月日:1975年08月27日
出身地 :兵庫県加古川市
クラス :竜王戦(1組)、順位戦(A級)

 

第12図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 昨日掲載の第11図で、  

 後手藤井が指した正解の一手は、△7八飛。

 

【雑感】

 昨日掲載の第11図は、先手久保が、▲6三金と打った局面です。

 

 ここで、後手藤井は、先手久保玉への寄せを秒読みギリギリまで考え、慌てた手つきで△7八飛と打ち下ろしました。

 結論から申し上げますと、先手久保玉に適当な受けはありません。

 

 先手久保は、負けを言い聞かせ、あとは儀式とばかりに、形づくりを進めます。

 後手藤井も先手久保に同調するように手順を進めます。

 

第13図:次の一手は?

 

 

 第13図は、第12図から、▲2二銀、△3二玉、▲5二金左と、後手藤井玉に詰めろをかけた局面です。

 ここで後手藤井が指した次の一手を、お考えいただきたい。

 

第14図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 第14図で、

 後手藤井が指した正解の一手は、△3九角成。アイキャッチ画像を設定

 

【雑感】

 後手藤井が指した正解の一手△3九角成で、先手久保玉は、どう対応しても即詰みです。

 

 後手藤井の△3九角成に対して、先手久保が

  ▲3九同玉と取れば、△4九竜以下、先手久保玉は即詰みです。

  ▲3九同金と取れば、△3九同竜以下、やはり先手久保玉は即詰みです。

  また、▲1八玉と逃げても、△1七香以下、先手久保玉は即詰みです。

 

第15図:投了図

 

 

 第14図以下、▲3九同金、△同竜、▲1七玉、△2五桂、▲2六玉に、△3五金までで、先手久保の投了となりました。

 藤井四段の将棋ですが、何か、そこはかとなく、華があるのです。

 本局においても、△3九銀の只捨てで自玉の詰めろを消したり、また△3九への角の空成りから、最終は△5一馬が2四及び8四に睨みを効かせ、寄せに働く。

 藤井将棋に人気が集まるのは、単に強くて、勝つからではなく、その勝ち方に何とも言えぬ魅力、華があるからなのです。

 

    前ページ ☜