第77期順位戦C級1組、昇級争い展望

 将棋の世界は、三段リーグを抜けて四段になって初めて一人前、漸くプロ棋士人生が始まります。
 将棋のプロ棋士は、一般に段位と順位戦制度で、棋士の格付けが行われています。
 段位は、昇段しますと下がりませんが、順位戦制度は、成績に応じて順位が下がるのです。

 順位戦は、A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組と5つのクラスに分かれています。
 順位戦は、例年6月から翌年の3月まで、リーグ戦形式で行われます。
 A級とB級1組は総当たりですが、B級2組以下は抽選で年間10局の対局で、成績を争います。

 それでは、本日はC級1組について、昇級争いを中心に展望してみます。

昇級者、2名は誰か?

 C級1組所属の棋士は39名いますが、B級2組への昇級枠は2名で大変狭き門となっています。

 現在、1敗以下の成績者は以下の4名です。

7勝0敗、⑥近藤誠也五段
 第08局、対⑬西尾 明六段(1勝0敗)
 第09局、対㉛藤井聡太七段(0勝2敗)
 第10局、対㉝増田康宏六段(1勝2敗)

7勝0敗、⑦杉本昌隆七段
 第08局、対㉘近藤正和六段(0勝0敗)
 第09局、対⑭船江恒平六段(0勝2敗)
 第10局、対⑨千葉幸生七段(0勝0敗)

7勝0敗、㉛藤井聡太七段
 第08局、対㉟富岡英作八段(0勝0敗)
 第09局、対⑥近藤誠也五段(2勝0敗)
 第10局、対㉜都成竜馬五段(4勝0敗)

6勝1敗、⑭船江恒平六段
 第08局、対㉑島  朗九段(1勝0敗)
 第09局、対⑦杉本昌隆七段(2勝0敗)
 第10局、対⑬金井恒太六段(2勝1敗)

 さて、昇級予想ですが、昇級者は間違いなく上記の4名から2名が昇級すると思います。
 しかし、どなたが昇級するのかは極めて微妙です。

 まず近藤誠也五段ですが、残り藤井七段に勝って2勝1敗なら昇級確定です。
 また藤井七段に負けて2勝1敗でも、順位が最上位のため、昇級が有力です。
 しかし、残り1勝2敗なら、昇級は難しいかもしれません。

 次に杉本昌隆七段ですが、残り3連勝なら問題なく昇級確定です。
 残り2勝1敗の場合は微妙です。
 そして、残り1勝2敗の場合は、昇級は難しくなります。

 藤井聡太七段は、4名のなかで順位が最下位であるため、残り3連勝が絶対条件だと思います。
 順位上位に近藤五段と杉本七段がいて、1敗はしているものの順位上位の船江六段がいるためです。
 残り2勝1敗の場合は、頭ハネで昇級できない可能性があります。

 船江恒平六段も、残り3連勝が絶対条件だと思います。
 ただ3連勝しても、やはり頭ハネで昇級できない可能性があります。
 残り2勝1敗の場合は、昇級は絶望だと思います。

 藤井聡太七段の熱狂的なファンの目には、師弟ダブル昇級も現実味を帯びてきたかもしれません。
 年が明けての残り3番。皆さん悔いのないよう頑張っていただきたいものです。
 

降級点、7名は誰か?

 現在、2勝以下の成績下位者は以下の10名です。

2勝5敗  ③佐々木勇気七段
2勝5敗  ⑩小林裕士七段
2勝5敗  ⑯佐藤秀司七段
2勝5敗 ※㉞田中寅彦九段
2勝5敗 ※㊲福崎文吾九段
1勝6敗  ㉕門倉啓太五段
1勝6敗 ※㉖泉 正樹八段
1勝6敗  ㉗堀口一史座七段
1勝6敗 ※㉟富岡英作八段
0勝7敗  ㉔日浦市郎八段

 ※:降級点1(降級点2で降級)

 佐々木勇気七段は近い将来のA級八段候補だと思っていますので、今後の奮起を期待しています。

 私、棋楽と同年代の先生方が、降級のピンチを迎えているのは寂しい限りです。
 残り3局、降級点回避に向けて、是非とも巻き返して欲しいものです。

 

前の記事

第44期棋王戦五番勝負、開幕