藤井聡太七段、幻の87勝

先手の勝率

将棋は、一般的に先手が有利と言われ、先手の勝率が僅かではありますが5割を超えているようです。

連盟の記事によると、年間の公式戦集計で、先手の勝率が後手を3%前後、上回わっているようです。

確か10年位前には、後手の勝率が先手を上回ったとき、将棋界ではニュースになったくらいです。

そのため、結果的には、先手に優位性があると考えられます。

藤井七段の勝率

資料室、「藤井聡太 通算全成績」から、先手番と後手番の勝敗を見てみますと・・・。

  先手番:43局 39勝04敗(勝率:0.907)

  後手番:57局 46勝11敗(勝率:0.807)

勝率の高さには驚愕ですが、藤井聡太七段の勝率も先手が後手を上回り、その例外ではありません。

振り駒が逆なら

藤井聡太七段の勝率は、先手が後手を約1割上回っているので、もし振り駒で先後が逆なら・・・。

  先手番:57局 (勝率:0.907) 52勝05敗

  後手番:43局 (勝率:0.807) 35勝08敗

つまり振り駒しだいで、87勝13敗(勝率:0.870)もあり得たということなんです。(棋楽)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください