0002:豊川 孝弘七段 ③

 

○主 催:株式会社共同通信社
○棋 戦:第43期棋王戦
○備 考:予選

○対局日:平成29(2017)年01月26日
○対局場:大阪市福島区、関西将棋会館
○持時間:各4時間

 先手▲:藤 井 聡 太 四段(14)
 後手△:豊 川 孝 弘 七段(49)

注①:( )内は、対局時点の年齢。
注②:「藤井聡太全局集 平成28・29年度版
    日本将棋連盟発行」より、棋譜参照

 

豊川 孝弘 七段 のこと

 

○棋士番号:200
○生年月日:昭和42(1967)年02月20日
○出身地 :東京都杉並区
○クラス :竜王戦(6組)、順位戦(C級1組)

 

第08図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 後手豊川が指した正解の一手は、△6五歩。

 

【雑感】

(第07図の局面で)

 後手△2三銀なら、▲2九飛、△2四歩に、▲2二歩があって、先手が良いだろう。

 先手▲2二歩に、△同金なら、▲4四角、△同歩、▲5三桂成、△同玉に、▲3一角で、王手金取りが決まる。

 

 かと言って、▲5三桂成を取れないようでは論外だ。

 また、▲2二歩に、△同角なら、▲同角成、△同金に、やはり▲5三桂成がある。

 

 また、後手△2三銀に変えて、△2三歩なら、▲3四飛で、やはり、先手が良いだろう。

 先手の狙いは、▲4四角、△同歩、▲5三桂成、△同玉、▲3二飛成だ。

 

 そこで、後手豊川は△6五歩(正解の一手)と、後手陣を潰せるものなら潰してみろと、男らしく迫る。

 果たして、先手の攻めが決まるのか、切れるのか、本局最大の見所だ。

 

第09図:次の一手は?

 

 

 さて、第08図から手が進み、局面は第09図。

 ここで先手藤井が指した次の一手を、ノーヒントで、お考えいただきたい。

 

第10図:正解の一手は?

 

 

【正解】

 先手藤井が指した正解の一手は、▲2三歩。

 

【雑感】

 第09図の局面は、先手の攻めが繋がるのか、あるいは、切れるのかという局面。

 もちろん、先手藤井は攻めが繋がっていると見ているし、後手豊川は(先手の攻めが)切れていると見ている。

 

 さぁ、さぁ、どちらが読み勝っているのか。

 第09図の局面。まず眼に付くのは、先手▲5四銀だ。

 

 もちろん、△同玉なら、▲42角成。

 △5三銀なら、▲5六飛で、ほぼ、後手玉は受けなしで、まもなく先手の勝ちとなるだろう。

 

 しかし、▲5四銀に、△5二玉と引かれると、先手の後続手段が見当たらない。

 ▲4二角成、△同玉、▲4三飛と打っても、△3二玉と逃げられると、▲4四飛成に、△3三金で、先手の攻めは切れている。

 

 つまり、第09図の局面では、先手の攻めを継続するには、何か工夫が必要なのである。

 そこで、先手藤井は、▲2三歩(正解の一手)と工夫した。

 

 本譜は、後手豊川は、読み筋どおりと、3二金と躱したが、強く同金と取る手はなかったか。

 熱心な読者は、後続手順を研究してみてはどうか。 

 

第11図:明日の一手は?

 

 

 第11図は、第10図から△3二金、▲4二角成、△同玉、▲2二銀と進んだ局面。

 さて、ここで後手豊川が指した次の一手を、お考えいただきたい。

 

     ージ ☜  ☞ 次ペー