名人A級棋士の三段リーグ在籍期間

 厳しいと言われている奨励会、新・三段リーグ制度について、興味をもちましたので、色々な角度から調べてみます。

 まずは、トップ棋士の三段リーグ在籍期間について、調べてみます。

 

 トップ棋士の定義ですが、ここでは、名人、順位戦A級在籍者および(超・人気棋士)藤井聡太七段とします。

 調査対象者(12名)と調査結果は、つぎのとおりでした。

 

三段リーグ在籍期間

1.名人 

   佐藤 天彦 名人(8期)

2.順位戦A級在籍者

①位 羽生 善治 竜王(--)
②位 稲葉  陽 八段(6期)
③位 広瀬 章人 八段(5期)
④位 佐藤 康光 九段(--)
⑤位 久保 利明 王将(2期)
⑥位 豊島 将之 2冠(5期)
⑦位 深浦 康市 九段(5期)
⑧位 三浦 弘行 九段(3期)
⑨位 糸谷 哲郎 八段(3期)
⑩位 阿久津主税 八段(2期)

3.超・人気棋士

   藤井 聡太 七段(1期)

 

 ちょっと意外だったのは、調査対象者のなかでは、佐藤天彦名人が三段リーグを突破するのに4年8回と、一番苦労していたことです。

 三段リーグは、通常、13勝5敗の成績であれば、かなり高い確率で突破できます。

 しかし、運が悪く突出した成績優秀者がいれば、その限りではありません。

 

 佐藤名人、久保王将、糸谷八段は、13勝5敗で、三段リーグを突破ができませんでした。

 また、稲葉八段にいたっては、連続2回の13勝5敗でもリーグ突破ができませんでした。

 更に、豊島二冠の場合、14勝4敗の好成績でも頭ハネでリーグを突破できませんでした。

 

 藤井聡太七段の場合は、順位27位の13勝5敗で、三段リーグを突破しました。

 しかし、何はとあれ三段リーグ1期抜けは、他のメンバーの実績からすれば突出しており、流石としか言いようがありません。 

 まぁ、どんな世界にも言える事なんですが、やはり、スターになる方と言うのは、何かを持ってるんでしょうね。

 

 以下、参考データです。

 

三段リーグでの戦績

 上段の上位2名が、四段昇段者です。

注)丸数字は、リーグ開始時点の順位。
注)勝敗は、リーグ戦の最終成績。
注)名前右の括弧内の数字は年齢。

 

     佐藤 天彦 名人

第32回(2002年、後期)

② 12勝 6敗 西尾  明(23)
⑯ 12勝 6敗 島本  亮(22)

㉕ 11勝 7敗 佐藤 天彦(15)

第33回(2003年、前期)

① 15勝 3敗 村山 慈明(19)
⑱ 14勝 4敗 佐藤 和俊(25)

⑥ 10勝 8敗 佐藤 天彦(15)

第34回(2003年、後期)

⑤ 16勝 2敗 片上 大輔(22)
③ 13勝 5敗 中村 亮介(18)

⑨ 13勝 5敗 佐藤 天彦(16)

第35回(2004年、前期)

③ 14勝 4敗 村中 秀史(23)
⑦ 14勝 4敗 木下  晃(26)

① 12勝 6敗 佐藤 天彦(16)

第36回(2004年、後期)

⑦ 15勝 3敗 広瀬 章人(18)
③ 14勝 4敗 長岡 裕也(19)

① 10勝 8敗 佐藤 天彦(17)

第37回(2005年、前期)

⑫ 13勝 5敗 高崎 一生(18)
⑬ 13勝 5敗 遠山 雄亮(25)

⑩ 12勝 6敗 佐藤 天彦(17)

第38回(2005年、後期)

① 14勝 4敗 糸谷 哲郎(17)
⑤ 13勝 5敗 中村 太地(17)

② 12勝 6敗 佐藤 天彦(18)

第39回(2006年、前期)

③ 15勝 3敗 戸辺  誠(20)
② 14勝 4敗 佐藤 天彦(18)

 

A級①位 羽生 善治 竜王

  旧制度に基づき、四段昇段のため
  三段リーグには参加していない。

 

A級②位 稲葉  陽 八段

第37回(2005年、前期)

⑫ 13勝 5敗 高崎 一生(18)
⑬ 13勝 5敗 遠山 雄亮(25)

㉙  5勝13敗 稲葉  陽(17)

第38回(2005年、後期)

① 14勝 4敗 糸谷 哲郎(17)
⑤ 13勝 5敗 中村 太地(17)

㉕ 13勝 5敗 稲葉  陽(17)

第39回(2006年、前期)

③ 15勝 3敗 戸辺  誠(20)
② 14勝 4敗 佐藤 天彦(18)

① 13勝 5敗 稲葉  陽(18)

第40回(2006年、後期)

① 14勝 4敗 豊島 将之(16)
② 13勝 5敗 伊藤 真吾(25)

③ 12勝 6敗 稲葉  陽(18)

第41回(2007年、後期)

⑪ 15勝 3敗 村田 顕弘(21)
① 13勝 5敗 及川 拓馬(20)

③ 12勝 6敗 稲葉  陽(19)

第42回(2007年、前期)

② 13勝 5敗 稲葉  陽(19)
⑲ 13勝 5敗 田中 悠一(22)

A級③位 広瀬 章人 八段

第32回(2002年、後期)

② 12勝 6敗 西尾  明(23)
⑯ 12勝 6敗 島本  亮(22)

㉖ 11勝 7敗 広瀬 章人(16)

第33回(2003年、前期)

① 15勝 3敗 村山 慈明(19)
⑱ 14勝 4敗 佐藤 和俊(25)

⑦  9勝 9敗 広瀬 章人(16)

第34回(2003年、後期)

⑤ 16勝 2敗 片上 大輔(22)
③ 13勝 5敗 中村 亮介(18)

⑬ 10勝 8敗 広瀬 章人(17)

第35回(2004年、前期)

③ 14勝 4敗 村中 秀史(23)
⑦ 14勝 4敗 木下  晃(26)

⑪ 11勝 7敗 広瀬 章人(17)

第36回(2004年、後期)

⑦ 15勝 3敗 広瀬 章人(18)
③ 14勝 4敗 長岡 裕也(19)

 

A級④位 佐藤 康光 九段

  旧制度に基づき、四段昇段のため
  三段リーグには参加していない。

 

A級⑤位 久保 利明 王将

第11回(1992年、前期)

⑮ 13勝 5敗 三浦 弘行(18)
㉒ 13勝 5敗 伊藤  能(30)

㉗ 13勝 5敗 久保 利明(17)

第12回(1992年、後期)

㉜ 15勝 3敗 川上  猛(20)
① 14勝 4敗 久保 利明(17)

A級⑥位 豊島 将之 王位・棋聖

第36回(2004年、後期)

⑦ 15勝 3敗 広瀬 章人(18)
③ 14勝 4敗 長岡 裕也(19)

㉘ 10勝 8敗 豊島 将之(14)

第37回(2005年、前期)

⑫ 13勝 5敗 高崎 一生(18)
⑬ 13勝 5敗 遠山 雄亮(25)

⑭  6勝12敗 豊島 将之(15)

第38回(2005年、後期)

① 14勝 4敗 糸谷 哲郎(17)
⑤ 13勝 5敗 中村 太地(17)

㉓ 12勝 6敗 豊島 将之(15)

第39回(2006年、前期)

③ 15勝 3敗 戸辺  誠(20)
② 14勝 4敗 佐藤 天彦(18)

④ 14勝 4敗 豊島 将之(16)

第40回(2006年、後期)

① 14勝 4敗 豊島 将之(16)
② 13勝 5敗 伊藤 真吾(25)

 

A級⑦位 深浦 康市 九段

第05回(1989年、前期)

② 13勝 5敗 畠山  鎮(20)
⑧ 13勝 5敗 畠山 成幸(20)

⑲ 11勝 7敗 深浦 康市(17)

第06回(1989年、後期)

② 14勝 4敗 丸山 忠久(19)
③ 14勝 4敗 郷田 真隆(19)

⑤ 12勝 6敗 深浦 康市(18)

第07回(1990年、前期)

④ 13勝 5敗 佐藤 秀司(23)
④ 13勝 5敗 杉本 昌隆(21)

③ 10勝 8敗 深浦 康市(18)

第08回(1990年、後期)

② 15勝 3敗 藤井  猛(20)
③ 15勝 3敗 平藤 真吾(27)

⑥ 11勝 7敗 深浦 康市(19)

第09回(1991年、前期)

③ 13勝 5敗 豊川 孝弘(24)
④ 13勝 5敗 深浦 康市(19)

 

A級⑧位 三浦 弘行 九段

第09回(1991年、前期)

③ 13勝 5敗 豊川 孝弘(24)
④ 13勝 5敗 深浦 康市(19)

㉕  7勝11敗 三浦 弘行(17)

第10回(1991年、後期)

② 13勝 5敗 真田 圭一(19)
③ 13勝 5敗 飯塚 祐紀(22)

㉓  8勝10敗 三浦 弘行(18)

第11回(1992年、前期)

⑮ 13勝 5敗 三浦 弘行(18)
㉒ 13勝 5敗 伊藤  能(30)

 

A級⑨位 糸谷 哲郎 八段

第36回(2004年、後期)

⑦ 15勝 3敗 広瀬 章人(18)
③ 14勝 4敗 長岡 裕也(19)

㉚ 13勝 5敗 糸谷 哲郎(16)

第37回(2005年、前期)

⑫ 13勝 5敗 高崎 一生(18)
⑬ 13勝 5敗 遠山 雄亮(25)

② 12勝 6敗 糸谷 哲郎(16)

第38回(2005年、後期)

① 14勝 4敗 糸谷 哲郎(17)
⑤ 13勝 5敗 中村 太地(17)

 

A級⑩位 阿久津主税 八段

第24回(1998年、後期)

㉓ 14勝 4敗 松尾  歩(19)
① 13勝 5敗 金沢 孝史(25)

㉔ 10勝 8敗 阿久津主税(16)

第25回(1999年、前期)

⑧ 14勝 4敗 阿久津主税(17)
⑬ 13勝 5敗 安用寺孝功(25)

 

人気棋士 藤井 聡太 七段

第59回(2016年、前期)

㉗ 13勝 5敗 藤井 聡太(13)
① 12勝 6敗 大橋 貴洸(23)